2018年08月31日

太鼓梁継ぎ手加工

今日もご訪問ありがとうございます。

藤枝市の新築工事は現場では基礎工事が進んでいますが、
会社工場では太鼓梁の準備ができました。

墨付けのあとホゾ加工

0802〜0809 岡谷邸梁加工_180809_0003.jpg

0802〜0809 岡谷邸梁加工_180809_0005.jpg

アリ継ぎ加工
台形の形をしています。

0802〜0809 岡谷邸梁加工_180809_0006.jpg

台持ち継ぎ加工
斜めに加工しています。

0802〜0809 岡谷邸梁加工_180809_0008.jpg

梁や柱はほとんどがプレカットしますが、太鼓梁は機械で刻むことができません。大工さんが手刻みで加工していきます。このような技術を持った大工さんは少なくなってしまいました。ヤマタケ建設にとっても無くてはならない貴重な存在です。

潟с}タケ建設へ戻る

posted by ヤマタケ建設 at 16:41| 静岡 ☀| Comment(0) | 新築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

基礎ベースコンクリート打設

今日もご訪問ありがとうございます。

藤枝市の新築工事は、配筋検査に合格後、基礎工事が進んでいます。

配筋検査を受け合格

岡谷邸  配筋_180822_0001.jpg

基礎外周の型枠を組み、
基礎のベース部分にコンクリートを打設

岡谷邸  コンクリート基礎_180829_0002.jpg

岡谷邸  コンクリート基礎_180829_0005.jpg

ベースコンクリートを乾かしたあと、基礎内部の立ち上がり部分に型枠を組む工程に入っていきます。

潟с}タケ建設へ戻る


posted by ヤマタケ建設 at 17:27| 静岡 ☀| Comment(0) | 新築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

トイレリフォーム

今日もご訪問ありがとうございます。

1階と2階のトイレをリフォームしました。

【1階】
タンクに手洗が付いたトイレから、タンクレストイレに取替えました。流すたびに泡で洗浄するアラウーノS、流す水量も以前の約3分の1と節水です!壁のクロスはそのままで、床の木調のフロアタイルは新しくしました。

Before

田中邸トイレ・玄関_180629_0005.jpg

After

田中邸 完成_180802_0004.jpg



【2階】 
こちらのタンクレストイレは泡は出ないタイプです。水量は1階のものと同様、以前の約3分の1と節水です。床と壁を張り替え、配管が古く水漏れを起こしていたため補修しました。

Before

田中昌文邸  現調_180601_0007.jpg

2階からの排水管補修

田中邸配管_180621_0003.jpg

After

田中邸 完成_180802_0002.jpg

2階からの配管は天井や壁の中を通ってることが多く、補修するのは大がかりな工事となってしまいます。リフォームで天井や壁を解体する際には、同時に完成すると見えなくなってしまう配管などもチェックし、不具合があればこの機会に補修することをおすすめしています。

潟с}タケ建設へ戻る



posted by ヤマタケ建設 at 17:22| 静岡 ☀| Comment(0) | 水廻りリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

浄化槽

今日もご訪問ありがとうございます。

全面リフォーム工事をさせていただいたお客様の浄化槽を合併浄化槽に換える工事を行いました。リフォーム完成後、今年度の藤枝市の浄化槽設置補助金が開始されるのを待って工事をしました。

合併浄化槽を埋設

那須のさん_180731_0004.jpg

コンクリート打設して完了

那須のさん完了_180809_0001.jpg

浄化槽の補助金で工事費の大半をまかなうことができます。補助金は予算が無くなり次第終了しますので、工事のタイミングが難しいですが、うまく活用したいものです。

潟с}タケ建設へ戻る


posted by ヤマタケ建設 at 17:46| 静岡 ☀| Comment(0) | リフォーム事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

断熱工事

今日もご訪問ありがとうございます。

藤枝市の平屋新築工事は中間検査を済ませ、断熱材の施工が始まっています。

屋根断熱

横山邸 断熱_180823_0001.jpg


壁の断熱
貫の外側の断熱材が入った状態

横山邸 断熱_180823_0003.jpg

伝統工法を活かした「貫工法」
柱と柱の間に横木(貫)を貫通させることで建物を固めるのではなく粘りを持たせ、地震の際にはエネルギーを吸収します。
貫が入っているため、断熱材は貫を挟んで室外側と室内側に二重に入れます。このあと、貫より室内側にも断熱材を施工していきます。

ヤマタケ建設では、伝統工法の良さを活かし、断熱・省エネ性能も高め、なおかつ経済的にできる方法を追求しています。

潟с}タケ建設へ戻る

posted by ヤマタケ建設 at 17:07| 静岡 ☀| Comment(0) | 新築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

軒先面戸補修工事

今日もご訪問ありがとうございます。

OB様より、先日の台風で瓦屋根の軒先のしっくいが飛んでしまった という問い合わせをいただき、補修工事をさせていただきました。

<施工中>
軒瓦・桟瓦を1通り取外し

塩澤邸 面戸交換_180822_0001.jpg

古いしっくいは取り除き

塩澤邸 面戸交換_180822_0002.jpg

新しい軒面戸を施工

塩澤邸 面戸交換_180822_0005 (2).jpg

新築した当時、軒先の面戸はしっくいでした。長い間に劣化してボロボロになっていたしっくい面戸が、台風の強風で所々飛ばされてしまっていたようです。最近はしっくいではなく、劣化しにくいプラスチック面戸が使われています。隙間から風雨や小動物などの侵入を防ぐための軒先面戸、台風シーズンには気になる部分です。一度点検して問題があれば補修も検討してみてはいかがでしょうか?

潟с}タケ建設へ戻る



posted by ヤマタケ建設 at 16:57| 静岡 ☀| Comment(0) | 改修・補修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする