平屋住宅へ制震ダンパー取付

今日もご訪問ありがとうございます。
今年になって2件目の制震ダンパー取付工事です。今回の和風平屋住宅は小屋裏が広く、立った状態で取付作業ができました。
近藤さんダンパー_190119_0003.jpg
梁と柱にしっかり固定
近藤さんダンパー_190118_0002.jpg
近藤さんダンパー_190118_0001.jpg
今回の住宅では16本の制震ダンパーを施工しました。
熊本地震で関心が高まった「スリップ挙動」
スリップ挙動とは、1回目の地震で釘などの金物が緩んで建物の損傷が進み、2回目の地震の後に建物の変形が極端に大きくなるものです。熊本の震災で一連の熊本地震で震度7を2回観測した熊本県益城町では、最新の耐震基準で建てられた住宅も倒壊したそうです。そんな中、制震装置を取付した住宅では、家具などの倒壊やクロスの破れなどの被害が少なかったという実績があり、「耐震」に加え「制震」もセットで考えるようになり関心が高まりました。新築の時に付けていなくても、後から取り付けることができる制震ダンパー。ご興味のある方はぜひお声を掛けてください。
日本制震システムHP(動画)熊本地震:採用いただいた施主さまの声へ

㈱ヤマタケ建設へ戻る

この記事へのコメント