配筋検査

今日もご訪問ありがとうございます。
藤枝市にて2階建ての新築工事が着工、基礎工事が始まりました。

砕石の上に防湿シートを敷き、外周部にコンクリートを平らに打設。
杉浦邸_190206_0003.jpg
配筋
直径13mmの鉄筋を150mmピッチで配筋しています。基礎外周の立ち上がり部分には、外部にコンクリートが漏れ出さないように型枠を組みます。
杉浦邸_190208_0001.jpg
杉浦邸_190209_0004.jpg
配筋検査
まだ配筋が見えているこの段階で第三者機関の検査員による配筋検査を受けます。
杉浦邸_190209_0005.jpg
検査員がひとつひとつ配筋を入念にチェックしていきます。
検査に無事合格して、このあと基礎の床部分にベースコンクリートを打設していきます。

㈱ヤマタケ建設へ戻る

この記事へのコメント