少し投資して省エネ

今日もご訪問ありがとうございます。

前回はお金をかけることなくちょっとした工夫でできる「暖房エネルギーを減らす方法」をご紹介しました。今回は少ない投資で比較的手軽に取り組め効果の出る工夫をご紹介します。

【1】窓から熱を逃がさない工夫
<エネルギー削減効果10%程度>
キャプチャ3.PNG
◆内窓…窓の内側にもうひとつ窓を取り付け。
キャプチャ2.PNG
◆ペアガラス…アタッチメントを装着してシングルガラスをペアガラスに交換できます。
キャプチャ.PNG

【2】天井に断熱材を入れる
<エネルギー削減効果最大10%>
◆天井裏に断熱材を敷きならべます。
キャプチャ4.PNG
暖房だけでなく冷房エネルギーも削減できます。

【3】効率のよいエアコンに買い替える
<エネルギー削減効果最大8%>
最近のエアコンは冷暖房の効率が大変向上しています。
キャプチャ7.PNG
グラフは販売されたエアコンのCOP(エネルギー消費効率)の推移です。2007年と1990年の比較で2倍弱も良くなっています。COP=5であれば、その製品は消費する電力量に対し5倍の能力を発揮していることになります。COPが高いほど1kWあたりの冷房効果(暖房効果)が高く、効率、省エネ性能が高いと言えます。
暖房エネルギーを減らす工夫をすることで省エネになり、また熱を逃がさないことで室温が保たれ安全健康にもつながります。そんな工事をご希望のお客様はぜひお声をかけてください。

参考引用:1985住まいと暮らしの省エネガイドブックより

㈱ヤマタケ建設へ戻る

この記事へのコメント