骨組み・断熱

今日もご訪問ありがとうございます。
藤枝市の2階建新築工事は、壁の断熱材の工事が進んでいます。
ヤマタケ建設で採用している「貫工法」は、柱と柱の間に横木(貫)を貫通させています。貫を入れることで建物を固めるのではなく粘りを持たせ、地震の際にはエネルギーを吸収します。そのため断熱材は貫を挟んで室外側と室内側に二重に入れます。
杉浦邸 断熱・骨組_190322_0004.jpg
室外側の断熱材が入った状態で、筋交いや貫が見えています。中間検査後、貫を挟んで内側にも断熱材を施工します。

骨組み(梁・小屋組み)
杉浦邸 断熱・骨組_190322_0002.jpg
このあと、屋根は垂木間に断熱材を入れていきます。

㈱ヤマタケ建設へ戻る

この記事へのコメント