平屋住宅 断熱工事~システムバス施工

今日もご訪問ありがとうございます。
焼津市の平屋住宅は、壁の貫より室内側の断熱材の充填がほぼ完了しました。断熱材の充填後、防湿気密シートを隙間無く張っていきます。このシートは高い耐久性と透湿抵抗があり、長期に渡って漏気と結露から住宅を守ってくれるものです。

no-title
no-title
仕上げてしまうと見えなくなってしまう断熱材や気密シートですが、効果を得られるようきちんと施工されているかどうか「サーモグラフィー」を使って確認します。

仕上げ終わった天井
no-title
サーモグラフィーで撮影
no-title
窓のところは温度が低くなっていますが、室内の壁・天井は色が均一で温度の差が無く、部分的に断熱材が欠損しているところなどは見られません。このようにしてそれぞれ床・壁・天井を確認していきます。

浴室周りは基礎断熱・壁は他のところと同様に断熱材を充填しています。
1128田地川さん_191128_0018.jpg
システムバスを施工。
1128田地川さん_191128_0011.jpg
システムバス自体も、お湯も冷めにくく室内や床がヒンヤリしない断熱仕様になっています。断熱工事・システムバスの施工が終わり、内部の大工工事が進んでいきます。

㈱ヤマタケ建設へ戻る

この記事へのコメント